アイラインのアートメイクのメリットとデメリット

施術後に腫れが出てしまうケースがあります

1〜2年程度で色・デザインの変更や修正が可能日々のメイクにかける時間を短くできる点もポイント施術後に腫れが出てしまうケースがあります

そしてもう一つ、施術後に腫れが出てしまう点もデメリットです。
目元は他の部位と比べて、皮膚が薄くなっています。
そのため、中には施術後に腫れが出てしまうケースがあります。
一時的な腫れなので数日程度で元には戻りますが、腫れた状態を気にする方は、施術後数日間は予定を入れないなどスケジュールの調整をしておくと安心です。
また、アイラインを入れる場合は施術時に痛みを感じやすいというデメリットもあります。
これも、施術する部位の皮膚が薄いことが理由です。
もちろん、痛みの感じ方には個人差があるので、全ての人が痛みを感じるわけではありません。
ただ、痛みへの不安が強い場合は麻酔を使用することも可能ですので、クリニックに相談してみると良いでしょう。
以上が、アートメイクでアイラインと入れる場合のメリットとデメリットです。
尚、ダウンタイムとしては1週間程度とされています。
この期間に関しては、施術部位に触れないよう注意することが大切で、メイクをすることも水で濡らすこともできません。
施術後、表皮に入れた色素は即座に定着するわけではなく、時間をかけて定着していきます。
なので、色素が完全に定着して落ち着くまでは、施術部位に刺激を与えず安静にしておくようにしましょう。
加えてもう一つ知っておきたいのが、施術を受ける上で注意が必要な方がいます。
アレルギー体質の方・妊娠中や授乳中の方・通院中の方・目やその周囲に手術経験がある方・抗がん剤治療中の方、以上に該当する方は、トラブルを避けるためにもあらかじめクリニックに申し出るようにしてください。
手軽に受けられて、メイク時と同じような美しさを保てるアートメイクですが、施術を受けるにはデメリットや注意点があります。
そのため、上記を理解した上で施術を受けることが大切です。

母からハイライトを入れたよと嬉しそうなライン。


45歳で眉毛とアイラインにアートメイク(タトゥーみたいなやつ)を入れ、59歳でハイライトを入れる母。


そんなあなたが好きです。


にしてもカラー中の写真がシュールすぎて草 pic.twitter.com/rLQzY5pIcW

— りな|本場ディズニー元キャスト🇺🇸 (@rina___323) August 4, 2020